A



<はじめに>

和紙ますくMeiMei は一般的な医療用マスクではありません。

マスクの定義は「マスクを通して呼吸を行う」と考えています。
一般的なマスクは何度も使用すると目詰まりが生じ機能を果たせなくなりますが、
MeiMei はフェイスガード同様、装着した隙間から呼吸を行います。

殺菌、抗菌がしてあれば機能を損なわず長く使うことが出来ます。
(別売の「MeiMei×菌滅スプレー」は一度吹き付けると24時間以上菌を寄せ付けません。)

なので「ココから使えない」はご購入者さまの判断になります。
和紙は磨耗すると毛羽立ってきますので、そこで交換して頂くのか、少し型が歪んできた時に交換して頂くのか、
それら全ての変化を愛しみながら長く使って頂くのかは判断にお任せいたします。




 

Q なぜ和紙でマスクを作ろうと思ったのですか?
 
 
A
和紙は全てが一点物で独特の風合いがあります。同じ柄でもプリント紙や布とは違う温かみが出るのは大きな魅力です。また和紙は抗菌・防虫・対紫外線効果がり、耐久性にも優れる素晴らしい伝統工芸品です。
塞ぎ込んでしまいがちな世の中で、マスクを感染予防だけでなく前向きに捉えて欲しい。日本の美しい文化を取り入れて楽しんで欲しい。と思い込めて製作しました。


 

Q 息苦しさは無いですか?

 A 個人差もあるので一概に「無い」とは言えませんが、一般的なマスクと違い顔にほとんど触れていないので通気性は非常に高いです。眼鏡のツルに掛かる部分を顔にフィットした状態から1cmほど前に出すと更に息苦しさが無くなります。

 

Q 医療マスクのような効果はありますか?

 A MeiMeiを医療マスクの代用として使用することはお勧めしません。MeiMeiはあくまで「飛沫を防ぐため」のマスクです。眼鏡と併用なのでフェイスシールドとして楽しんで頂けますと幸いです。感染対策を重視したい方は医療マスクの使用をお勧めします。

 

Q 耐水性・耐久性はどれくらいでしょうか?

 A MeiMeiに使用している和紙は耐久性・耐水性がとても高いです。除菌スプレー等を数回吹き付ける程度であれば製品が破損することはありませんので、1度の使い捨てでなく清潔に保ち何度も使用していただくことが可能です。詳しくはトップページの[How to]をご参照くださいませ。

 

Q 一点物と記載してありましたが個体差はどれくらいありますか?

 A 全ての和紙は製造の過程で必ず"ムラ"がでます。なので素材の中に異物が入ったように見える箇所があったり若干の色むらや繊維が少し飛び出ている箇所が見つかる場合がございます。それらは全て和紙の風合いですので、ご了承頂いた上で楽しんで頂けますと幸いです。


 

Q 肌への影響は大丈夫でしょうか?
 
 A カケンによるホルムアルデヒド検査を通過しました。常時肌に触れる下着の基準値が70ppm以下、MeiMeiは20ppm以下です。

 

Q サイズの選び方がよくわかりません。
 
 A 商品画像の中にある図をご参照ください。a(正面縦の直線)、b(正面上部の半幅)、c(眼鏡つるに掛かる部分から顎先を地面と垂直に計った長さ)です。少し面倒ですがcの長さがご自分のサイズを調べるのに最適です。
ユニセックスの洋服サイズだと思っていただけると適したサイズ感を見つけやすいかと思います。

 


Q どれくらいの期間使えますか?
 
 
A 購入時の綺麗さを保ってお使いいただけるのは1週間程度かと思います。
 和紙は千年持つと言われており、耐久性に優れています。なので除菌スプレーなどを吹き付けながら清潔に保ち1ヶ月以上に渡って長く使っていただけます。しかし、使っていると折れ目に"アタリ"が出てプリントが落ちてくる・繊維が毛羽立ってくる・紙が柔らかくなる・日光で色焼けが出る。等々の変化が現れます。和紙独特の風合いでもありますが、購入時の物とは変化していきます。手にとって確かめていただけますと幸いです。


 


 
こちらに記載されていない質問をご希望の方は
お手数ですがトップページの[CONTACT]よりお問い合わせくださいませ。